インドネシア史上最大の資金調達——ソフトバンクとSequoiaが、マーケットプレイスTokopediaに1億ドルを出資

SHARE:

tokopedia-softbank-sequoia

公の記録としては、インドネシアのスタートアップにとって、史上最大の調達になると思われるが、オンライン・マーケットプレイスのスタートアップ Tokopedia は、約1億ドルの資金調達を行ったと発表した。日本のソフトバンク・インターネット・アンド・メディア(SIMI)がリード・インベスターを務めた。Sequoia Capital もこのラウンドに参加した。今回の出資に伴い、ソフトバンクと Sequoia Capital は役員を Tokopedia に派遣する。今回の出資は、Sequoia Capital にとっては、インドネシアで初の投資となるものだ。

2009年に創業した Tokopedia は急速に成長を遂げ、インドネシア最大のオンライン・マーケットプレイスの一つになった。今回の投資を受けて、Tokopedia は顧客獲得、人員雇用、インドネシア市場でのポジションを強化する対策に注力するとしている。インドネシアでナンバーワンのオンライン・マーケットプレイスになったとされる。

Tokopedia との提携を受けて、ソフトバンクは東南アジアにおいて、インターネット企業への投資会社としての認知を上げ、成長を加速させたいとしている。

Tokopedia の CEO William Tanuwijaya 氏は、ステートメントの中で次のように述べている。

SIMI と Sequoia Capital を新しい株主に迎えられてうれしい。今回の調達を受けて、Tokopedia はベストチームを作り、店舗を支援し、ユーザにベストな買い物体験を届けられる世界クラスの技術が開発できるリソースが整えられるようになる。我々は常にユーザを重視し、ユーザがよりよい体験を得られるよう注力している。これこそが、我々のビジネスモデルにおいて、最も重要な部分だ。

ソフトバンクのバイスチェアマンで SIMI の CEO である Nikesh Arora 氏は、次のように付け加えた。

Tokopedia と密接に協働できることをうれしく思う。アジアでは、オンライン・マーケットプレイスが成長する可能性は、特にインドネシアで際立っている。創業以来、Tokopedia はイノベイティブなビジネスモデルで、注目に値する成長を見せてきた。

東南アジアは、スタートアップや海外の投資家にとって、活気に満ちた地域となっている。マレーシアの GrabTaxi は昨日、アメリカの Tiger Global Management のリードにより、6,500万ドルの調達を発表した。ソフトバンクは初期のAlibaba(阿里巴巴)にも投資をしている。

2009年の創業以降、Tokopedia はインドネシアのEコマース・リーダーとしての地位を確実なものにしてきた。営業開始4年目で、毎月約1,000万人のユーザがサイトを訪れ、これまでに販売した製品数は2,400万個に上る。今回の投資は、2014年12月中旬にクローズする予定だ。

【via Tech in Asia】@TechinAsia

【原文】


10月22日更新:ある読者から、海外の投資家がインドネシアの地元小売業への投資を規制する Negative Investment List が、今回の投資に影響を与えたのかどうかを尋ねるツイートを受けとった。William Tanuwijaya によれば、Tokopedia はオンライン小売には分類されておらず、ウェブポータルに分類されているため、この規制対象にはならないとのことだ。同氏によれば、Tokopedia は在庫の確保や直販をしていない。Tokopedia のマーケットプレイスのビジネスモデルは、地元の小売店やバイヤーを消費者につなぐ形となっている。

----------[AD]----------