布地に織り込む繊維型バッテリー、上海の復旦大学で研究開発中

SHARE:


繊維型バッテリー
様々なウェアラブルデバイスが登場している中で、バッテリーの問題というのは製品開発において悩ましい点だ。ウェアラブルデバイスという特性上、そのバッテリーには特に軽量、小型といった要件が求められる。

このような既存の課題に対し、上海の復旦大学のWei Weng氏が所属する研究チームが布地に織り込める繊維状のバッテリー技術を開発した、とTECHABLEで紹介されている。

同研究には、丈夫かつしなやかで銀よりも高い導電率を誇るカーボン・ナノチューブ(CNT)が利用されている。開発されたリチウムイオンバッテリー繊維は、このカーボン・ナノチューブを綿繊維に巻きつけた合成糸から成る。このバッテリー繊維、直径約1ミリメートルと小さく、かんたんに布地に織り込むことができるという。

繊維型バッテリー
さらに、同研究チームのサイトによれば、特殊なリチウムイオンバッテリー繊維以外にも、太陽電池やセンサーへもターゲットを向け、研究に取り組んでいるようだ。

これら繊維状のバッテリーが実用化された際には、従来よりも小型・軽量のウェアラブルデバイスや、ポケットに入れておくだけでスマートフォンを充電することができるジャケットなど、新しい発想の製品の登場が期待できそうだ。

----------[AD]----------