TechCrunch Tokyoスタートアップ・バトル、最優秀賞は電子回路スタートアップのAgICが獲得

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.11.19

tct2014-startup-battle-winner-agic
TechCrunch 本家シニアエディター Ryan Lawler 氏(左)から最優秀賞を受け取る、AgIC CEO 清水信哉氏(右)。

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

11月18日〜19日の2日間、都内で TechCrunch Tokyo 2014 が開催された。このうち、スタートアップがピッチで凌ぎを削るスタートアップ・バトルのセッションでは12のファイナリストが出場し、描くだけで電子回路が作成できるペンを開発する AgIC が最優秀賞を、中小企業・個人向けの物流アウトソーシング・サービスを提供するオープンロジが審査員特別賞を受賞した。

AgIC は先ごろ、一度描いた電子回路を後から消しゴムのように消すことができる、改良版の電子回路描画ペンを発表しており、Kickstarter でクラウドファンディングを開始している。

<関連記事>

tct2014-startup-battle-special-award-winner-openlogi
TechCrunch Japan 編集長 西村賢氏(左)から審査員特別賞を受け取る、オープンロジCEO 伊藤秀嗣(右)氏。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------