オペレーターによる遠隔サポートが受けられるAED搭載ドローン「Ambulance Drone」

SHARE:

10556213_800454453340307_5686783662049893298_n

インダストリアルエンジニアAlec Momont氏のプロジェクト『DRONES FOR GOOD』では、否定的なイメージもあるドローンをより良い目的の為に利用する方法を考えていた。そこで生み出されたのがドローンを使って命を救う、高速エマージェンシーネットワーク『Ambulance Drone』だ。

closeup

命に係わる事故が起こった際、病状の悪化を防ぐためには、事故後数分の間に正しい治療が必要となる。緊急時の措置のスピードを速めることが死亡することを防ぎ、劇的に回復を早めることにつながるという。

自動体外式除細動器(AED)や薬品、心肺蘇生法(CPR)の補助器具といった救命テクノロジーはドローンで運搬するようコンパクトに設計することが可能とのこと。

Ambulance Droneのために、二次救命処置のために必須の物品を含むコンパクトなツールボックスを搭載する新型のフレームが開発された。持ち運びや折り畳みが可能なドローンは、屋内を含むどこでも利用可能だ。

Folded

プロジェクトの最初のプロトタイプでは、AEDを運ぶことに焦点を当てている。EUでは年間80万人が心停止を起こしており、救急隊の応答時間が約10分と遅いため、生存率がわずか8%となっている。

Ambulance Droneを使うことで12平方キロメートルのエリア内の患者へ1分以内にAEDを運ぶことが可能になるという。これにより生存率は80%にもなるとのこと。

また、AEDの使用方法についてオペレーターによるビデオサポートが可能だという。AEDの使用経験が無い場合、成功率は20%程度だが、指示を仰ぎながら正確に使うことにより、成功率を90%に上げることができるそうだ。

Rear-view

救援物資を運びコミュニケーションの確立が可能となる、速くてコンパクトなドローンを使うことで、既存の救急インフラを拡大する『Ambulance Drone』によって人々の命を救うことが期待されている。

----------[AD]----------