スマホで転職活動、ビズリーチがレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」のiOSアプリをリリース

SHARE:

ビズリーチが本日、20代を対象としたレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」のiOS版アプリをリリースした。UIのデザインはグッドパッチが担当している。

これまで20代で転職を検討する人には、仕事に関する経験値があまり高くないがゆえに自分に合った企業や職種の判断軸が明確ではなく、そのため従来の能動的な求人サイトでは希望にあった内容が見つけにくいという課題があった。

ビズリーチが運営する「キャリアトレック」は今年4月にオープンし、現在は会員数7万人、求人案件数17,000 件、掲載企業約4,000社となっているレコメンド型転職サイトだ。

半年ほど運営してきて、同サイトへのアクセスは、朝の通勤時間帯と夜の帰宅時間帯から就寝時間帯までの間に集中しており、20代の転職希望者はそうした時間を活用して転職活動をしていることがわかってきた。

「キャリアトレック」のアプリはこうした20代の転職者の課題を解決することを目指して開発された。ユーザにマッチした企業の情報をレコメンドし、スキマ時間での転職活動を可能にしようとしている。

レコメンドされた企業情報を振り分け

02キャリア診断_パターン1 05ピース概要(1日10社レコメンド)_Sansan

まず、ユーザはキャリア診断を受け、プロフィールを登録する。すると、診断とプロフィールに基いて、毎日最大10社の企業情報が提案される。提案される企業情報は非常にシンプルなものとなっており、企業側で設定したキャッチコピーとそのイメージ画像のみだ。

04キャリア診断_振り分け

ユーザはレコメンドされた企業情報を見て、「気になる」か「気にならない」かを選ぶ。選ぶ際はTinderのような左右にフリックする動きで選択していく。情報を選択した結果は次回のレコメンドに反映される。「キャリアトレック」を使えば使うほど、レコメンドされる企業情報とのマッチング精度は向上していくというわけだ。

「気になる」に入れた企業情報の詳細は後でまとめて閲覧することもでき、企業からは追加情報も配信される。企業情報をさらに知りたいと思った場合は、ボタン一つで企業に情報の追加リクエストを送ることも可能となっている。

06本日の気になる会社_Sansan 08応募フォーム_Sansan

企業側の採用のあり方を変える

「キャリアトレック」の仕組みは、ユーザだけではなく求人情報を掲載する企業側にとってもメリットがある。企業情報として表示される写真とテキストは、ユーザに応じて表示される内容を変更することが可能だ。ユーザの好みに合わせて、企業情報の中でも打ち出すべき点は変わってくる。

企業側の管理画面から写真とテキストを設定して投稿していくことができ、ターゲットユーザに対してどのようなメッセージを出したらいいのか、様々なクリエイティブを試行錯誤しながら改善していくことができる。これらはオンラインマーケティングでは当たり前となっていることだが、従来の求人サービスではほとんどできていなかったという。

今後、キャリアトレックのチームは企業から出してもらう情報も増やすよう働きかけていくことで、アルゴリズムの精度を上げていきつつ、企業側の採用のあり方を変えていきたいと考えている。

「キャリアトレック」では、将来的にチャット機能のリリースも検討している。これが実現すればユーザと企業はさらにやりとりがしやすくなり、コミュニケーションが活発になる。そうすることで、会社訪問に近い体験をスマートフォンで実現していきたいと考えているという。

日常的に転職活動を行えるようにしょうという「キャリアトレック」は、Android版アプリを来年春にリリース予定としており、スマートフォンアプリで10万ダウンロードを早期に達成することを目標としている。