ついに5万円台に突入した、家庭向け3Dプリンタ「CUBIS」

SHARE:


img_qua

いかに家庭向けとはいえ、3Dプリンタってお高いんでしょう?というイメージは、無いと言えば嘘になるだろう。

しかし、このたびプリンタスが発売した製品であれば、少しおこづかいを溜めることで購入も検討できそうだ。新たに発表された熱溶解積層方式の家庭用3Dプリンタ「CUBIS」は、定価が59,800円(税込み)という破格の製品。いまだ10万円前後が主流であるこのクラスにおいては、ひときわ安価な設定となっている。

operate01

安いとはいっても、積層ピッチは0.15mmと標準的。造形エリアも165 × 160 × 125mmとこちらも標準的。普通の機能を備えながら6万円を切るこの価格は、確かにひとつの特徴だろう。その値段の秘密はフリーのソフトウェアを利用した点などにあるようで、企業努力がゆえの値段とも言えそうだ。

sample12-l

もちろん日本語の説明書やメンテナンスツールも付属しており、安心して使える仕様となっている。

本製品は既に同社のオンラインショップにて発売中。ここから家庭用3Dプリンタの価格破壊がはじまっていくのだろうか。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録