クラウド給与計算ソフト freee に作業を大幅に効率化する年末調整機能が追加

SHARE:

freee

先日、中小企業向け新コンセプト「バックオフィス最適化」を発表したfreeeが、新たな機能追加を発表した

同社が提供する給与額・税金・保険料の計算などを行うことができる「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」に、年末調整機能が追加された。

従来の年末調整のプロセスでは、必要となる「扶養控除申告書・保険料控除申告書」等の書類を従業員に配布、各自記入してもらった後、修正等がある場合は紙でのやりとりが複数回必要だった。

紙で受け取った情報を、経理担当者が給与計算ソフトに情報を打ち込むという作業が生まれ、プロセスが多かった。

freee2

クラウド給与計算ソフト freee を使った場合、経理担当者は紙の配布・回収作業やデータの転記が必要なくなる。従業員は書類の手書きや手渡しなどの作業ステップが削減され、会社全体で年末調整業務が大幅に効率化される。

年末調整機能は、年末調整額の計算機能が11月下旬に、年末調整関連書類の出力機能が12月上旬に順次公開予定。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録