世界最小かつ最安をアピールするレジン光造形3Dプリンター「iBox Nano」

SHARE:


0f85e05fb0bfb0f40092e0200f4e20fa_large

世界最小を売りにするほど小型でかつ非常に安価で入手可能となるレジン光造形型3Dプリンター「iBox Nano」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集中だ。目標額は300,000ドルで、既に達成している。

このキャンペーンでは早期支援者向けに189ドルで入手可能となっていたが、既に完売している。次に安い229ドルの枠も完売するほどの人気だ。なお、小売価格は299ドルとなる見込み。

1356f1044b4a9dfb920c568258bdcc9d_large

本体サイズは85 × 110 × 235mmと非常にコンパクト。XY軸の解像度は328ミクロン、Z軸の最少積層ピッチは0.39ミクロンとなっている。

9f16c623b14b80f721fd97af807de654_large

プリントする素材にはレジン(樹脂)を使用。樹脂を硬化する為にUVライトが用いられたDLPプロジェクターを使用するが、従来のレジンプリンターでは2000~8000時間で電球を交換する必要があるところ、iBox Nanoでは50,000時間まで交換不要とのこと。

オプション購入可能なバッテリーでのプリントにも対応している。バッテリー駆動時間は約10時間。本体の重さも1.1kgと軽量なため、持ち運びも可能という。

無線LANで接続が可能。専用ソフトウェアは不要でブラウザベースでプリント可能なため、スマートフォンやタブレット、PCなど自分に合った環境から利用することが出来るとのこと。

支援者への発送は2015年4月以降が予定されている。