Jack Ma(馬雲)氏が仕事で幸せを見つける方法について語る

SHARE:

jack-ma

読者の皆さんはJack Ma(馬雲)氏の名前はおそらく知っているだろう。なんといっても彼は中国eコマース巨大企業Alibaba(阿里巴巴)の会長であり創業者で、彼の言葉はアジアのテクノロジー業界では大きな存在感を持っている。

あまり知られていないのは、Jack Ma氏はたまにブログを書くということだ。誰もが、特にスタートアップを軌道に乗せようと長時間働いている読者が考えるべきことについて書かれている、彼の最新の記事を以下に翻訳してみた。

アラスカのある空港の小さい簡素な部屋で休みながら、Jenniferという夜勤の従業員と知り合った。10分ほどすると、彼女と私の同僚が、病気に対する遺伝の影響、地球の自転が大気温上昇にもたらす影響について彼女独自の考え方を話し始めていた。

傍らで話を聞いていた私は彼女の知識の深さに衝撃を受けた。そして、それほどの知識がある背景について聞いてみたのだ。彼女はアメリカ南部出身の遺伝学者で、ヘリコプターの操縦ができ、歳は50歳すぎ、3人の子供がいる。彼女は夫の仕事の転勤のため、この小さい極地の町に来て働いているという。彼女はこのカスタマーサービスデスクで9ヶ月間働いているといい、こう言って笑った。「あまり考えなくていいからこの仕事が好きなのよ。簡単で楽しいわ」。

働くことの幸せは自分の態度から来るものだ。大変で繰り返しばかりの仕事に幸せを見つけられる人もいれば、いくら重要で面白い仕事でも不満を持つ人も常に存在する。

良い仕事は探し出すものではなく、働きながら見つけるものである。

【原文】

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------