経産省、世界で戦えるものづくりベンチャーを支援する「フロンティアメイカーズ育成事業」をスタート

SHARE:
Image by Maker Faire Africa on Flickr
Image by Maker Faire Africa on Flickr

<ピックアップ>フロンティアメイカーズ育成事業の海外派遣者の募集を開始します(METI/経済産業省)

経済産業省が、世界で戦えるものづくりベンチャー候補の人たちの起業や事業展開、新製品開発などのサポートを行う「フロンティアメイカーズ育成事業」を始めると発表しました。

育成事業の取り組みとして、海外の工房派遣や海外におけるものづくりプロジェクトの推進を行います。派遣先として、インドやフィリピンなどのFabLab、香港や深センなどのインキュベーション施設などが候補先となっています。

また、今回の育成事業のPM(プロジェクトマネージャー)として、Cerevoの岩佐琢磨氏、ABBA Labの小笠原治氏、慶応義塾大学でFab Lab Japanの田中浩也氏、ロフトワークの林千晶氏、トーンアンドマターの広瀬 郁氏らが参加しています。

ベンチャーならではのものづくりの環境を加速させる取り組み。募集期間11月25日まで。本日11月13日18時から、公募説明会も行われるとのこと。新しい製品開発に取り組みたい人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。