Twitterらテック系大企業への優遇税処置の影響

SHARE:

twitter

<ピックアップ>So-Called “Twitter Tax Break” Netted City More in Mid-Market Tax Revenue

10月になり、ようやくサンフランシスコ市が2011年から2013年に渡る優遇税処置に関するレポートを発表し、各主要テック系メディアがピックアップしていたのでご紹介します。

2011年、Twitterが1.5%の給与税支払いの免除をサンフランシスコ市に要求し、それが受け入れなければサンフランシスコ市内から本社を移すという声明を発表しました。当時は、大企業への優遇税処置に反対する人が数多く現れ、バッシングの嵐が巻き起こりました。この優遇税処置はTwitter以外のテック系大企業にも及びました。

記事内のデータによると、2011年から2013年の間に15社が給与税免除を受けており、420万ドルの税金が免除されています。一方で、各企業が支払った給与税は2011年から760万ドル増加し、これは648%の増加率です。サンフランシスコ以外の都市の給与税増加率が47%であるため、他の都市より約600%以上給与税増加率が高く、710万ドル多く給与税を得ていることになっています。

そして、サンフランシスコ市内の企業数は2011年から61増え、49%の増加率とのことです。これは他の都市の企業増加率の約2倍であることもレポート内で明らかにされました。

レポートに書かれているデータから言えば、大企業への優遇税処置は結果として企業招致、及び給与税増収につながっていると言えそうです。テック系大企業がサンフランシスコにいるからこそ、多くのスタートアップがたとえ給与税が免除されずともサンフランシスコに越してくるというケースが多いと言えます。

しかし、人が増えれば、自ずと地価や部屋代が上がるのは明らかです。このことから、サンフランシスコは企業招致を積極的に進め、地価や物価が上がったとしても圧倒的に雇用を生み出すことに集中しているように思えます。

via TechCrunch

----------[AD]----------