あちこち設置し、それぞれに任意の機能を割り当てることが出来るワイヤレススマートボタン「Flic」

SHARE:

20141116125901-IntroducingFlic

スマートフォンと連携し、任意の機能を割り当てることが出来るワイヤレスのスマートボタン「Flic」が開発されている。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集し、人気を集めている。目標額が8万ドルのところ、現在までに5倍以上となる42万ドル超の調達に成功している。

FlicをBluetoothでスマートフォンと接続。アプリ上で割り当てる機能を選択する。クリック、ダブルクリック、長押しと、それぞれに別の機能を割り当てることが可能だ。Flicとスマートフォンとの距離は150フィート(50メートル)以内で動作し、内蔵のコイン電池で5年もつとのこと(電池交換も可能)。

20141120133130-LandingImagesIGG_04

音楽の再生やカメラアプリのシャッターといったスマートフォンの操作から、室内で見つからないスマートフォンを探すといった事にも使うことが出来る。

20141114080106-LandingImagesIGG_05

また、防犯用途にも利用可能。クリックで現在地の共有、ダブルクリックでメッセージを送り、長押しでアラームを鳴らすといった設定もすることが出来るという。

20141120133157-LandingImagesIGG_01

スマート電球のHueやLIFXとの連携も可能。照明のオン/オフを行うことが出来る。クリックで全ての照明をオフといった設定も可能とのことで、設定により便利に活用することが出来そうだ。

20141201224832-flic_harmony

スマートホーム化が可能となるLogitech社のHarmony Hubとの連携も出来るという。キャンペーン価格での購入も可能となっている。

早期支援者向けの枠は次々に完売しており、現在は27ドルで1つ入手可能となる見込み。その他に、2つで49ドル、4つで89ドル、6つで99ドルの枠が用意されている。プラス10ドルでワールドワイドへの発送にも対応。発送は2015年3月が予定されている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録