10万社以上が活用する「ランサーズ」がKDDIやグリーベンチャーズなどから約10億円を資金調達

SHARE:

Lancers-website

2008年12月に日本初のクラウドソーシングサービスとしてリリースされた「ランサーズ」。現在、上場企業を含む10万社以上の企業に利用され、登録数は国内最多の約41万人に上る。

同社は、総額約10億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。割当先に名を連ねるのは、KDDI、インテリジェンスホールディングス、コロプラ、グリーベンチャーズ、グロービス・キャピタル・パートナーズ、GMO VenturePartnersだ。今回調達した資金は、クラウドソーシングのさらなる普及、フリーランサーの支援、人材採用やシステム開発などの用途で使われる。

ランサーズはまた、KDDI、インテリジェンス、グリーの3社と業務提携を結んだ。人材資源のオープン化や、制作支援などにランサーズを積極的に活用していく。3社の中でも特に面白いのが、国内人材大手企業インテリジェンスとの提携だ。従来の正社員、契約社員、アルバイトという雇用形態に加えて、クラウドソーシングの「ランサーズ」で働くという選択肢を提案していくと言う。

ランサーズは、地方自治体や行政との協力体制、またベンチャー企業や大手企業の新規事業支援、さらには育児などで時間の制約を受ける女性に対するリモートワークの提供など、様々な方向から「個人のチカラをエンパワーメント」することに取り組んでいる。今後の動きに引き続き注目したい。

----------[AD]----------