カヤックのAndroid版「Lobi」が、1日1アプリ限定で、インストール特典配布ができる時限広告を開始

SHARE:

Lobi-website

ゲームコミュニティサービス「Lobi チャット & ゲームコミュニティ」が、Android向けの「Lobi」アプリ内で新広告商品「時限広告」を開始したそう。具体的には、24時間のインストール特典配布キャンペーンを実施できるというもの。

Lobiアプリ内の時限広告は、1日1アプリ限定で提供されます。広告が掲載される場所は、Lobiユーザーの滞在時間が最も長いチャット画面下の特等席。今回の広告商品を利用することで、ゲームユーザーは特典を受け取った状態でゲームを開始し、モチベーションを高めることができます。ゲームアプリデベロッパーは、自然流入で獲得したユーザーに比較して良質なユーザーを獲得することができると言います。

Lobi-time-limited-ad
Lobi のAndroidアプリにおける時限広告の流れ

また、リリース記念として、時限広告の特別単価割引キャンペーンを期間限定で実施。12月26日(金)までに申し込んだゲームアプリデベロッパーに限って、通常CPI 1,000円のところ、30%割引で出稿することができるそう。出稿件数は500件〜、また請求は獲得件数分のみで行われます。

時限広告のアイディアは、ゲームアプリ開発者をマーケティング側面で支援する方法を模索していて思いついたものだとか。ゲームアプリ開発者にとって、かなり有効な「優良ゲーマー」獲得の手段になりそうです。