経産省が主催する「フロンティアメイカーズ育成事業」の採択者が決定

SHARE:
Image by Maker Faire Africa on Flickr
Image by Maker Faire Africa on Flickr

<ピックアップ>フロンティアメイカーズ育成事業の海外派遣者を決定しました(METI/経済産業省)

以前ご紹介した、世界で戦える日本のものづくりたちを支援するフロンティアメイカーズ育成事業の、海外派遣者が決定したようです。

選ばれた9名のなかには、組み立て式ロボットRAPIROを開発した機楽の石渡昌太氏や、IVSなどでプレゼンを行った経験があるDNA増幅機「NinjaPCR」を開発している鳥人間の久川真吾氏などがいます。他にも、大学生や大学院生など若いプレイヤーが多く、どんな新しいものづくりを見せてくれるか楽しみです。このプロジェクトを通して、海外のものづくりのプレイヤーたちと交流し新しいものづくりネットワークの交流が生まれることを期待します。