Tencent(騰訊)によるオンライン書籍会社Shanda Cloudary(盛大文学)の買収が最終段階へ

SHARE:

shanda-cloudary

この何カ月もの間、Shanda(盛大)のオンライン書籍会社Shanda Cloudary(盛大文学)がTencent(騰訊)に買収されるようだという噂が広がっていた。中国のテック系メディアは今日、この買収が最終段階にあると伝えている。

公式には発表や確認もされていないが、Tencentの書籍プラットフォームが金曜日に作者向けに送ったeメールにおいて、当該案件が完了したことを示唆している。その中で、Tencentは同社の書籍サイトに掲載されている作品はQidian.com(起点)にも加えられると伝えている。Qidian.com は、Cloudaryが保有・運営している主要なオンライン書籍ポータルだ。

このeメールでは、Qidianを繰り返し「サードパーティー」と表現し、TencentがCloudaryを丸ごと吸収するつもりはなく、別会社としての運営を続けさせることをほのめかしている。ただし、何らかのパートナーシップがすでに組まれていることは明らかで、TencentがShandaより当企業を管理するのに必要な持分を取得したという噂がかなり広がっていたことを考慮すると、取引は完了したと思われる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】