申請前にGooglePlay Storeの表示状態を事前に試せるアプリ「Store-hacker」

by Junya Mori Junya Mori on 2014.12.28

GooglePlayトップ

「Cu-Hacker」などビジネスマン向けのサービスを開発するジェネストリームが、新たなアプリをリリースした。

GooglePlayストアで、アプリ申請前にアプリタイトル、アイコン、説明文、スクリーンショット等を確認できる「Store-hacker(ストアハッカー)」だ。

Store-hackerジェネレート画面 Store-hackerアプリタイトル-アイコン入力画面

「Store-hacker」では、アプリタイトル、アイコン、説明文、スクリーンショット等といった情報を埋めていくことで、GooglePlayストアの表示状態を確認することができる。

「Store-hacker」は、1行の文字数や表示可能な文字数をGooglePlayに合わせてあり、スクリーンショットの画像サイズも同じなため、あとから修正する手間を減らす。

Store-hacker画像選択画面 Store-hacker説明文-スクリーンショット入力画面

掲載する画像はさまざまなアプリケーションから選んで利用できる。また、「Store-hacker」は同時に3パターンの比較ができ、どのパターンがいいか悩んでいるときにも利用できる。アカウント登録や設定はなく、無料で利用可能となっている。

GooglePlay Storeでアプリをリリース予定の人は、一度試してみてはいかがだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------