家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が関西に進出、初回利用割引キャンペーンを実施

SHARE:
141204_Taskaji
タスカジの会員数推移

2014年7月にオープンした家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が、明日12月5日(金)から、関西エリアに進出するそう。関東エリアでのサービス利用者は順調に伸び、11月末時点の会員数合計は約600名。前月比、170%以上の伸びをみせています。

タスカジが主なターゲットとするのは、共働き家庭。総務省労働力調査によると、日本の共働き世帯は2000年時点で50%を越えており、家事をアウトソースすることのニーズは高まる一方。現に、共働き家庭におけるタスカジ初回利用後のリピート率は約75%(2014年7月〜10月9日実績)を誇っています。

関東エリアにおける実績と、関西エリアでのテストマーケティングを経て、今回、関西エリアでのサービス提供に踏み切りました。サービス内容は、関東と関西ともに同じ。現時点でのサービス展開エリアは、大阪府のほぼ全沿線と、京都府、滋賀県、兵庫県、和歌山県、奈良県の一部で、順次拡大予定です。

また、前回実施して非常に好調だったという前倒し「年末大掃除キャンペーン」。タスカジは、スポット利用より定期的に依頼することでお値段がよりリーズナブルになる仕組みですが、このキャンペーンでは、スポット依頼でもほぼ定期依頼と同等の値段で利用できます。

タスカジ代表の和田 幸子さんはこう話します。

「定期依頼と同じお得な価格で、数回にわたって異なるタスカジさんをお試しできる点が、受け入れられたようです。まずは数人のハウスキーパーさんを気軽に試してみて、気に入った人を見つけたいというニーズが強いことがわかりました。」

関西オープン記念として、今回も初回利用者を対象に、スポット利用の場合に20%割引が2回使えるキャンペーンを実施するそう。キャンペーン開始は、12月5日(金)から。関西のみならず、関東の方も利用できます。

----------[AD]----------