Tencent(騰訊)、PPTV他多くのインターネット関連会社、「わいせつな内容を誇大に宣伝した」として当局とトラブルに

SHARE:

sexy-censored

Tencent(騰訊)、Sina News(新浪新聞)、Phoenix News(鳳凰新聞)、Ku6(酷6)、PPTV、17173を含む8つのインターネットテクノロジー関連企業はわいせつで低俗な内容を宣伝した罪で有罪、と中国国営テレビCCTV(中央電視台)が報じた。このニュースではTencentの「Hot and Sexy Photos」コラムや注目を集めるために主に性を扱った類似のコンテンツなどを、意義は低く刺激が強い例として具体的に挙げている。

CCTVの報道によると、中国国務院新聞弁公室(State Information Office)は北京、上海、広東の支局に当該企業を「真剣に調査」するよう指示したという。当局は法を犯した企業にすでに違法性を指摘しており、違反コンテンツのいくつか―おそらく全部―が削除された。

例えば中国最大のゲームサイト17173は、ビデオゲームに何の関係もなく性的な写真コレクションだけを頻繁にアップデートしていた818.17173.comでサブサイトを運営していた違反者のリストを作成した。

今日このURLを訪ねてみると、17173のメインサイトに自動的に飛ぶようになっている。

CCTVの報道や8つのインターネット企業の調査は2014年の「反ポルノ」キャンペーンの一部である。中国政府はこれらのキャンペーンをほぼ定期的に行ない、中国におけるインターネットをポルノやわいせつ画像、政治的にデリケートな題材がない状態に保とうとしている。名前が挙げられた企業はどれも、違反したコラムやサービスを閉鎖する以上にさらに厳しい処罰を受けることはなさそうだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------