スマートホーム業界での躍進を図るXiaomi(小米)、中国の家電メーカーMidea(美的)に2億米ドルの投資

SHARE:

midea-xiaomi-720x307

Xiaomi(小米)のプレスリリースによると、中国のスマートフォンメーカーXiaomiは12億7000万元(2億米ドル)を家電メーカーMideaグループに投資した。これによりXiaomiはMideaの1.29%の株式を保有することになる。

2社が協力し力を注ぐのはスマートホームエコシステムの構築だ。Xiaomiの製品と冷蔵庫やエアコン、洗濯機などをはじめとする様々なMideaの製品の統合が見られそうだ。

Midea(美的)は2013年に2億5000万台の家電製品を販売した。

この契約がなされる前の段階ですでにMideaは栄養、水、エネルギーの分野で約25のスマートハウス関連の製品を今年開発していた。Xiaomiによると、Mideaの戦略はXiaomiのものと一致しているため良いパートナーになれるという。

自社のスマートフォン、タブレット、wi-fiルーター、スマートテレビ、フィットネスバンド、セットトップボックスに加え、Xiaomiは最近小規模のハードウェア会社との共同ブランドでスマート機器をいくつか新たに発表した。例えばウェブカメラ血圧モニター電球空気清浄機コンセントがある。

Xiaomiはハードウェア会社100社に投資するつもりであり、すでに25社に投資済みであるという。

Xiaomiは他の大手中国IT企業との間で、早い段階でのマーケットシェアの獲得やスマートハウスのスタンダード作りのための競争の真っ只中にいる。Tencent(騰訊)やJD(京東商城)、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)といった企業は皆それぞれのプロトコルやプラットフォームで奔走しているところだ。しかしその中でもXiaomiは最も大きなハードウェア企業と言えそうで、有利に事を運べる可能性が高そうである。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------