Makuakeと神奈川県が連携、県内の「ものづくり」産業をクラウドファンディングで支援

SHARE:

makuake kanagawa

クラウドファンディングサービス「Makuake」を運営するサイバーエージェント・クラウドファンディングが、本日2015年1月21日(水)に神奈川県が新設した、県内の「ものづくり」産業をクラウドファンディングを利用して活性化を目指す取り組み「神奈川ものづくり『わくわく』夢ファンド」の運営会社に選出された

「神奈川ものづくり『わくわく』夢ファンド」は、神奈川県がクラウドファンディングを利用し、県内の「ものづくり」産業の活性化を目指す取り組みだ。

9913_ext_03_0

「Makuake」の他、クラウドファンディング型ECサイト「kibidango」なども運営会社として参加している。「Makuake」は横浜市との協定に続き、行政との提携は2つ目。

<関連記事>

「Makuake」は昨年、デザインLED照明「Siphon(サイフォン)」や、世界最小のスマートロック「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」など、プロダクトが資金調達を達成している。

日本の企業が新たなプロダクトを開発する際にクラウドファンディングを活用し、資金調達とプロモーションを行う事例がいくつか登場してきている。今後、こうした事例が増えていくと、モノづくり産業は盛り上がっていきそうだ。

----------[AD]----------