約70万人のサンデーアーティストが集う音楽コミュニティアプリ「nana」、投稿楽曲再生数が累計1億回を突破

SHARE:

czMjYXJ0aWNsZSMzMDkzOSMxMzY5NTIjMzA5MzlfV0ZCTEpFa3BkRC5KUEc

音楽コミュニティアプリ「nana」に投稿された楽曲の累計再生数が1億回を突破した。投稿楽曲の累計再生数が5000万に届きそうだと報じたのが昨年6月末なので、半年ほどで再生数は倍増したことになる。

ダウンロード数は現在は70万を超え、10代のユーザを中心に毎日1万曲以上の楽曲が投稿されている状態だ。nanaのユーザは、学生や元バンドマンの社会人など、趣味として気軽に音楽を楽しむ「サンデーアーティスト」たち。

昨年11月には、ユーザ参加型の音楽番組「nanaキャス」を開始することを発表していた。nanaはユーザ参加型音楽フェス「nanaフェス」を定期的に開催するなど、サンデーアーティストたちがより音楽を楽しめるように取り組みを重ねてきた。

昨年12月には、iOS版アプリの完全リニューアルも実施。ユーザ同士のコミュニケーションを促進させるため、検索・発見機能の強化を行った。今回の数字の達成は、nanaがコミュニティを盛り上げることに取り組み続け、サンデーアーティストたちが楽しんでnanaを使っていることの現れでもある。

nana music代表の文原 明臣氏は、昨年11月にマネタイズについても語っていた。今年、コミュニティを作り上げてきたnanaが、どのようにマネタイズに取り組んでいくのか、注目したい。

----------[AD]----------