焼き加減も自由自在?スマホと通信するスマートフライパン「Pantelligent」

SHARE:

6f082b3ff1e5c6e73dda261f9d353ebc_large

料理をする人であれば、誰しもが一度は「生焼けだった」「焦げてしまった」という失敗を経験したことがあるだろう。

そうした失敗を防ぐために生まれたのが、スマートフォンと通信するスマートフライパン「Pantelligent」だ。

このフライパン最大の特徴は、現在の表面温度をリアルタイムに計測し、Bluetoothを通じてスマートフォンに送信することだろう。これにより、いまフライパンが何度なのかを正確に把握することが可能だ。

399877cc3a7d1cda7c65730502398480_large

さらに専用アプリにはPantelligent専用のレシピも含められており、フライパンのセンサーと連動して、裏返しのタイミングなどまで細かく指示をしてくれる。

ほか、自分の焼き具合を覚えさせるレコード機能が備わっており、自分のレシピを他の誰かに伝授することが可能となっている。

572a002d81e9fbe3da8eaed12db284c5_large

ちなみに日本の場合、こうした機能はガスレンジ側に備わっていて、たとえばコンロそのものがフライパンの温度を監視・管理して、火の強弱を決めたり、危ない場合は消化したりする。本フライパンの場合は、あくまで通知のみであり、火加減のコントロールについては不可能なので、その点については過信してはいけないだろう。

なお既にKicksterterにおいては目標金額を達成済み。一般価格は249ドルで、2015年の8月が発送開始の目標となっている。

----------[AD]----------