企業向けクラウド「Box」ついに上場、その苦難の道のり

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2015.1.26

Box の共同創業者兼CEO Aaron Lavie

<ピックアップ>REDEMPTION! This 29-Year-Old Is Worth Over $94 Million After (Finally) Taking His Company Public (BOX) 

エンタープライズ向けのクラウドソリューション「Box」ですが、1月23日(日本時間で24日)ついにニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を果たしました。IPO価格は14ドルでしたが、最終的に約70%アップの24ドル近くで初日を終えたそうです。時価総額はこの時点で27億ドル。事前に15億ドルなどの控えめな予測が出てましたが、そういった声を大きく吹き飛ばした形です。ハイテク株強い。

Boxのこれまでを知ってる方であれば「あれ?IPOってもう去年のことでは」と思われるかもしれません。確かに申請自体の噂が出ていたのは昨年の3月ごろ。「来月こそIPO」という掛け声と記事が何度か出ておりましたが、その度ごとに徐々に具合の悪い方向に進み、このままどこかにM&Aされるんじゃないかと思った時期もありました。ちなみに日本からは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(通称ITV)が投資ラウンドに参加しております。

<参考記事> CEOは29歳、エンタープライズ向けクラウドストレージのBoxが2億5000万ドルを求めて来月にもIPOヘ(2014年3月時点)

特にIPOが遅れた原因として指摘されていたのが、当時のハイテク銘柄の市場落ち込みと、Boxのアグレッシブなバーンレートでした。昨年当時で40億ドル調達した資金を30億ドルまで溶かしており、年間売上は1億2420万ドルで赤字が1億6900万ドル。昨対比の年間売上は110%成長という状況ですから、すべてにおいて若々しさが溢れている印象です。

結果的に7月には新たな資金調達を実施、ちょうどその頃発表されたGoogleの「容量無制限クラウド」による衝撃的な焼け野原作戦も記憶に新しいです。

<参考記事> クラウドストレージのBox、IPOを直前に1億5000万ドルの資金調達を実施

しかし、Boxがすごかったのはここから短期間で巻き返しをやったことです。特に問題だった収益面でバーンレートを抑えることに成功したようで、こちらの6枚のスライドでその成果を報告、めでたく今回のIPOへと繋げることができたようです。いやはや、必ずやり遂げるのだという強い執念が感じられるからこそ、市場も好反応だったのではないでしょうか。

via Business Insider

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------