音楽検索アプリのShazam、beaconと連携して位置情報に紐付いて曲を推奨する機能をリリースすると発表

SHARE:
Image by Ryoichi Tanaka on Flickr
Image by Ryoichi Tanaka on Flickr

<ピックアップ>Shazam Now Uses Beacons to Give Location-Based Content

IoT関連で盛り上がったCES 2015で、iPhoneが誕生してから長らく愛されてきたShazamが、ロケーションサービスなどを展開するGimbalと提携し、beaconを使い、位置情報に紐付いた曲をレコメンドする機能をリリースすると発表しました。

簡単にいえば、特定の場所に行き、そこでShazamを立ち上げたときに、beaconに反応しておすすめの曲などを提示してくれるもので、もしかしたら、今後はその場所に行かないと手に入らない曲、みたいなものが出てくるのかもしれません。

最近のアップデートで、Shazam内でミュージックプレイヤーが作れる機能を追加したり、CEOがTNWに取材された記事で今後の展望などについて語っている様子を見るに、音楽検索アプリからSpotifyなどさまざまな音楽系アプリが出てきている流れに乗り、新しい音楽体験を提供するサービスへと進化しようとしているようです。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録