シリコンバレーVCのSV Frontierが韓国発の動画広告作成プラットフォームShakrに出資、日本進出を支援

SHARE:

shakr

シリコンバレーを拠点とするスタートアップ向けファンドの SV Frontier は、韓国発の動画広告作成プラットフォーム「Shakr(シェイカー)」を運営する Shakr Media に出資したことを発表した。出資金額や比率など詳細は明らかにされていないが、日経コンピュータの報道によれば、数千万円程度とみられる。Shakr Media は SV Frontier などの支援を得て、2015年中に日本オフィスを開設する予定だ。

<関連記事>

Shakr はテンプレートを使って簡単に商品紹介/人物紹介のプロモーション・ビデオが作成できるプラットフォーム。クラウドソーシング的にテンプレートを作成するデザイナーを有し、デザイナーにはレベニューシェアでテンプレートの作成料が支払われる。ユーザは10分ほどでビデオを作成でき、作成は無料だがダウンロードにあたり50ドル支払う必要がある。

Shakr Media は、昨年12月に台北で開催された ASIABEAT 2014 のピッチ・コンペティションに登壇、台湾の FOXCONN(鴻海/富士康)と提携して、テンプレートの供給を受けていることを明らかにしている。台湾以外の国々においても、特にアジアにおいては、大企業との提携によって、販路を拡大していく計画を持っているようだ。

Shakr Media は2010年に創業、これまでに 500 Startups(アメリカ)、NHN Investment(韓国)、POSCO(韓国)、韓国焼酎の JINRO の元社長などから出資を受けており、日系ファンドからの投資を受け入れるのは今回が初めてとなる。

SV Frontier の代表を務める鈴木陽三氏によれば、シリコンバレーにおける動画広告系のスタートアップである Aarki や Virool への投資を通じて、動画広告や動画制作にブームが来ることを確実視しており、今回の Shakr Media への出資はその判断を反映したものとして位置付けている。

<関連記事>

beLAUNCH 2013(2013年・ソウル)で優勝した Shakr。
beLAUNCH 2013(2013年・ソウル)で優勝した Shakr。画面中央左側が、CEO の David Lee。
----------[AD]----------