アジア vs アメリカ vs ヨーロッパーー1億ドルを超えてイグジットした企業の分析データ

SHARE:
Image by Abdullah Bin Sahl
Image by Abdullah Bin Sahl

<ピックアップ記事> Analyzing $100 Million Tech Exits in Asia, Europe and the US

アジア、アメリカ、ヨーロッパにおいて、VCから投資を受けて1億ドル以上でイグジットしたTech企業に関するデータが載っていたのでご紹介しようと思います。

2011年から2014年までの期間で、各3地域でイグジットした中から1億ドル以上の企業の割合を示しています。また、イグジット後の資本効率(イグジット価値/総資本投下額)の中央値に関するデータも載っています。

それによると、アメリカは20-22%と安定したイグジット数をたたき出しています。しかしながら資本効率は3地域の中で最も低い値で8.14%。一方、ヨーロッパでの割合は20%を下回るほど低いものの、資本効率は他の地域と比較して最大となっており、18.56%でした。

アジアは2012年を除き20%後半から30%に食い込むほどで、イグジット数としては最大。資本効率は14.84%。

上記のデータから、とりわけヨーロッパを拠点に持つスタートアップに投資をすれば、1億ドル以上でイグジットする可能性は低いにせよ、リターンが他地域以上に期待できるということが伺えます。

またアジアに関しては、イグジット数が多く、リターンもある程度望む事が出来る地域になっていることがわかります。

Via CB Insights

----------[AD]----------