世界に良い音楽を届けたい!マレーシアのライブミュージック版AirbnbのGigfairyがシード資金を獲得

SHARE:

gigfairy-720x268マレーシアのライブミュージック版AirbnbともいえるGigfairyが本日、現地の投資会社Endeavor Capitalsが主導したシードラウンドで10万マレーシアリンギット(2万7000米ドル)の資金を調達したと発表した。ライブミュージックを提供するGigfairyは、先日終了したプリアクセラレータプログラムAlpha Startupsで優勝し、プログラムの主催者である1337 Venturesから3000米ドルの賞金とメンターシップを得た。今回の投資はそのすぐ後に行われたものだ。

設立者のBrian Foo氏は、次のように語った。

Alpha Startupsでトップに輝くとすぐに数多くの投資家から私たちにアプローチがあり、テック系のサイトでも大いに話題となりました。プロダクトのアイデア自体は新しくありません。ですが、これまで誰も市場でそのアイデアを実現することをしてきませんでした。だからこそ、投資家の関心が高まり、これほど速く話がまとまったのでしょう。

今回のラウンドで得た資金はサービスの改善とマーケティング活動、および現地での顧客獲得のために活用される予定だ。

現在Gigfairyはマレーシアでのみ利用可能ですが、素晴らしい音楽は世界中どこでもシェアされるべきです。なのでこのサービスはまもなく海外展開していくでしょう。

…とFoo氏は話す。彼によるとシンガポール展開を次の視野に入れているという。

Gigfairyは、ミュージシャンを予約するのに必要なのはたった2ステップだけという手軽さを売りにしている。まずは現地のミュージシャンのプロフィールを確認する。そしてプロフィールのページから予約する。クアラルンプールではミュージシャンを掲載しているサイトはあるが、アジアで競合他社は今のところいない。

1337 VenturesのCEOであるBikesh Lakhmichand氏によると、Alpha Startupsは3月下旬にシンガポールでも開催予定だという。今後18ヶ月で他のASEAN主要国でも順次開催していくようだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】