本のテキストをなぞってスキャン、文字認識して翻訳してくれるスマートなペン

SHARE:

20150204_worldpenscan

インターネットの記事や電子書籍の英文テキストを読んでいる時など、わからない単語が出てきたらそのまま画面をドラッグしてコピーしたり、翻訳できるのが当たり前だが、紙媒体ではそうはいかない。わからない英単語を自分で手入力して調べるケースが多いのではないだろうか。

蛍光ペンでハイライトするような感覚で調べたい文字列をなぞるだけで、テキストをスキャンしてデジタルデータ化し、さらにスマートフォンに翻訳結果まで表示してくれるペン型スキャナー、WorldPenScan X(ワールドペンスキャンX)がKickstarterに登場した。

このペンは多言語対応であるのが特徴で、英語はもちろん、日本語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、アラビア語、ベトナム語などを認識する。

20150204_worldpenscan2

iOS、Android端末とはBluetoothで連携、外出先でも使える。例えば海外に渡航した際、レストランのメニューや観光案内パンフレットが読めなくても、ペンでなぞれば翻訳してくれ内容が理解できるようになる。

またMac、Windowsのデスクトップ端末とはUSBで繋いで利用する。仕事や勉強時に、書類や専門書の文章を取り込みたい時に大いに活躍しそうだ。

もちろん、翻訳機能を使わずに文字認識できるペン型スキャナーとしても利用できる。例えば読んでいる日本語の書籍の一文をスキャンしてテキスト化して端末にメモとして保存したり、TwitterやFacebookでお気に入りの本の一文をシェアするという使い方ができる。

20150204_worldpenscan3

KickStarterでのプロジェクトはすでに達成して終了していて、99ドル(約1万1千円)以上の出資で入手可能だった。出荷は2015年4月を予定、予定小売価格は169ドル(約2万円)だ。