91歳の女性がシリコンバレーでデザイナーになるという夢を叶えたお話

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> Meet the 91-year-old who is finally living her dream as a tech designer in Silicon Valley

ひとつ前のピックアップ記事では15歳が起業したかと思えば、シリコンバレーでは91歳の女性がかねての夢だったデザイナーになったとか。世界恐慌の時代に育ったBarbara Beskindさんは、2年前にIDEOにデザイナーとして参画した。

毎週木曜日は、彼女が老人ホームからパロアルトのIDEOのオフィスに通勤して、自分の孫ほどの年齢のデザイナーと共に仕事をする日。彼女が携わるプロジェクトの多くは、高齢者をターゲットにしたもの。例えば、転んでしまった際の怪我を最小限に留めてくれるウェアラブルエアバッグや、カメラを搭載した眼鏡など。高齢な自分が直面する困りごとへのソリューションを開発してる。

IDEOのCEOであるDavid Kelley氏が「職場のダイバーシティ」をテーマに行った講演を見たBarabaraさん。すぐにIDEOにメールをし、その数日後には採用されたのだとか。当時、そして今も、IDEOでは拡大する高齢者市場をターゲットとしたプロダクトにフォーカスを当てている。

彼女が到着すると「Barabaraが来た!」という一斉メールが送られるほどの人気者なんだとか。何かを始めるのに年齢は関係ない、の好例でした。

via. Entreprenuer