Biz Stone氏から起業家へ:「感情的に投資できない事業には手を出すべきじゃない」

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

 <Pick Up> Biz Stone to aspiring entrepreneurs: If you’re not emotionally invested, don’t do it

起業家の皆さんのインスピレーションになりそうなEntrepreneurの記事をピックアップしてみました。Twitterの共同ファウンダーで、2013年には「次世代の検索」を模索するJelly Industriesを立ち上げたシリアルアントレプレナーのBiz Stone氏へのインタビュー。

GoogleでキャリアをスタートしたStone氏は、これまでに最も実りのある事業にはある共通点があると振り返ります。それは、自分が事業に感情的に投資しているかどうか。感情的に投資しているからといって成功が約束されるわけではないけれど、それなければ失敗は約束されている、と。

彼にとって、Twitterはまさにそうだった。自分がやっていることを心から愛し、それを世に出して自分でも使いたいと心底思えるかどうか。「いいアイディアだし、みんなきっと好きになってくれるだろう。でも僕は別にどちらでもいい」では不十分。感情的にも入り込んでいることで、大変な時も乗り越えられる。

また、初めて起業した時に知らなくて良かったと思うことは?という質問に対しては、「完全にナイーブでオープンマインドで良かったと思う」と回答。超成功するためには、超失敗する覚悟ができてなきゃいけない。当時、自分の評判やどんなに大ゴケするかなんて一切心配しなかった。

いつも、どんなことがあっても未来の自分がそれをどうにかできるはずと信じて来た。彼は今の自分より賢いはずだし、どんなトラブルからも抜け出せると。当時、起こりえる恐ろしいことを思いつかなくて本当に良かったと思う。自分が思うがままに突き動かすことができたから。

他にも大事なメッセージが詰まっているのでぜひ元記事を読んでみてくださいな。

via. Entrepreneur

----------[AD]----------