IBMの人工知能「Watson」を活用して子どもの質問に何でも答えるスマート・トイ「CogniToys」

SHARE:

20150314_watson

CogniToys」は、子どものありとあらゆる質問に応えてくれるスマート・トイ。
子どもの問いかけた内容はインターネットからクラウドサーバーに送られ、IBMのスーパーコンピュータ「Watson」が処理して答えを導き出し、CogniToysが楽しく答えてくれるというものだ。

「月までの距離はどれくらい?」と問いかけると「だいたい25万マイル(約40万キロメートル)だよ」と答え、「僕の好きな色はオレンジ色なんだよ」と話すと「君が好きなのはオレンジ色だね。覚えておくよ」とCogniToysはスマートに会話を展開する。
CogniToysの人工知能は子どもと交わした会話の内容を覚えて進化していく。

20150314_watson2

「CogniToys」を開発するElemental Path社のドナルド・クーリッジ氏は「子どもの学習方法を変えるツールです」と話している「CogniToys」はKickstarterで5万ドル(約600万円)を目指して出資を募集、99ドル(約1万2000円)で1体手に入れることができる。

ちなみにIBMは2015年2月10日にソフトバンクテレコムとの提携を発表、Watsonの「日本語対応」を表明。ソフトバンクロボティクスのロボット、Pepperに活用するものと思われる。