新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム「クラウドクレジット」、伊藤忠から約2億円を調達

SHARE:
crowdcredit-sugiyama-in-peru
ペルーを現地視察する、クラウドクレジット代表取締役 杉山智行氏(写真提供:クラウドクレジット)。

日経などでは先週報じられているが、新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム「クラウドクレジット」を運営するクラウドクレジットは2日、伊藤忠商事から約2億円を調達したと正式に発表した。日経の記事によると、伊藤忠の取得株式比率は18%とされており、自ずから企業価値評価額が10億円超と推定できる。

<関連記事>

今回の調達を通じて、クラウドクレジットは、投資プラットフォーム機能を拡充、為替ヘッジ取引を始め、円建て商品のラインアップを増やす。これまでペルーの個人や中小企業を中心に資金を供給してきたが、メキシコ、イタリア、スペイン、フィンランドなどの国々に対しても、今年4月以降、個人や中小企業向けに資金供給を開始したいとしている。

クラウドクレジットは2013年の会社設立直後にフェムトスタートアップから、また、2014年7月、マネックスベンチャーズGCI キャピタル、フェムトスタートアップから資金調達しており、今回の調達を受けて、伊藤忠商事はクラウドクレジットの第2位株主となる。

crowdcredit_featuredimage

----------[AD]----------