目の不自由な人のためにGoogle Mapをリデザインしたらどうなるかを表現した映像「Google Ability」

SHARE:

the+ability+ecosystemd

<ピックアップ>The Visually Impaired Get Their Google Maps

Google Mapのアプリを使用すると、目的地まで音声で道案内してもらうことができます。こうした側面をより充実させていけば、目の不自由な人のガイドが可能になるのでは、ということを表現したコンセプトが紹介されていました。

Google Ability」という名前のこちらのプロジェクトでは、Google Mapを目の不自由な人向けにデザインしなおしたらこんな感じ、という映像を作成しています。



Google Mapは屋外も屋内もマッピングするようになっていますし、今後はビーコンも街中に多く設置されるようになることが考えられます。将来的には今回紹介した映像のように、モバイルによる道案内がかなり充実したものになるのかも。

via PSFK

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録