エヴァン・ウィリアムスが立ち上げたベンチャーキャピタル「Obvious Ventures」が最初のファンドで7770万ドルの資金調達

SHARE:
Photo by Flickr
Photo by Flickr

<ピックアップ>Ev Williams’ VC Firm Obvious Ventures Has Raised $77.7 Million For Its First Fund, Filing Shows | TechCrunch

Twitterの共同創業者であり、Mediumを立ち上げたエヴァン・ウィリアムス氏が立ち上げたベンチャーキャピタル「Obvious Ventures」が、最初のファンドで7770万ドルの資金を集めたそうです。日本円にすると93億円ほどですかね。

「Obvious Ventures」は、エヴァン・ウィリアムス氏がベンチャーキャピタリストのジェームズ・ホアキン(James Joaquin)氏らとともに、2014年12月に創設したベンチャーキャピタル。

投資分野として、環境負荷に配慮した価値の高いソリューションを創出する「Sustainable Systems」、個人や小規模事業者を支え、雇用状況や教育環境の改善に取り組む「People Power」、健康増進につながる商品・サービスを開発する「Healthy Living」という3つのジャンルを柱に掲げています。

「Obvious Ventures」は、すでに「Beyond Meat」、「Flux」、「Magic Leap」、「ZenPayroll」といったスタートアップに出資しています。「持続可能でポジティブなインパクト」を与えるスタートアップを支援するというベンチャーキャピタルが、今後どのようなスタートアップを支援していくのか、楽しみです。

<関連記事>

via TechCrunch

----------[AD]----------