TechAcademyがオンライン学習をスタート、クラウドソーシングでプログラミング教育を変える

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2015.3.2

D1AC9F87-E33C-42B7-B1AA-18693A4B9ED4

プログラミング特化のスクール「TechAcademy」を運営するキラメックスは3月2日、オンライン学習サービスの提供開始を発表した。

PHP、MySQL、JavaScriptなどがオンラインサービス上で学習できる「PHPエンジニアコース」から開始、利用料金は月額3万円で1週間のフリートライアル期間を設けている。受講者はオンライン学習サービスを通じて動画視聴による学習を進めながら、不明点についてはオンライン上で待機している現役のエンジニアにチャットで質問をすることができるほか、課題で出されたコードのレビューなども実施してくれる。

チャットサポートの時間は平日が10時から13時と17時から22時の間。土日祝は10時から18時までとなっている。キラメックス取締役COOの金麗雄氏の話によれば、リアルスクールのTechAcademyに在籍するエンジニア講師の数が約100名ほどで、今回新設されるオンラインスクールのサポートにはこの内、約半数ほどが対応するということだった。なお、彼らはクラウドソーシングの方式で場所を選ばずこの業務に対応することになる。

なお、TechAcademyはすでにスクールとしての運用実績を2年経験しており、今回のオンラインサービスも一部企業に研修用として導入を進めていた。結果として同社が比較するプログラミング研修時間よりも半分で習得が完了した事例も出てきているという。

「企業研修の依頼は結構あります。大手上場企業でプログラミング未経験の方々をトレーニングして、会社でOJTが受けられる程度にまで持っていくというようなタイプですね」(金氏)。

オンラインでのプログラミング学習は海外でCodecademyを始め、国内でも最近になってProgateシラバスドットインストールなどがあったが、実際の先生をクラウドソーシング方式で配置する「ハイブリッド」なスタイルは珍しい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------