あなたのビジネス哲学はなんでしょうか?ーースタートアップの現場に立つ人が真っ先に考える事

SHARE:
Image by Ben Tesch
Image by Ben Tesch

<ピックアップ>THE PERILS OF FOUNDER/SPACE INCOMPATIBILITY

起業家にとって1番大切なのはエクスキューションで、アイデア自体に価値はないという意見はよく聞かれますが、結局何を1番に考えるべきなのでしょうか。Ben Erez氏はエクスキューションよりもアイデア、アイデアよりも市場を1番に考えるべきだと語ります。

というのも、自分が興す事業市場に興味・愛着が無い限り、いかに尖ったアイデア、秀逸なエクスキューションを用いたとしても、気力が保たないと考えているからだそう。

この考えはBen氏の手痛い失敗経験から来ています。

かつてBen氏はアパレル市場向けにプロダクトをローンチしました。もちろん市場調査やポテンシャルクライアントへのインタビューには半年ほどの時間を掛けて完了させています。問題があるとしたら、自分自身の興味があまり市場に向いていないという点くらい。しかしアイデアはビジネスモデルの視点から見ても完璧と言わざるを得ない。数百人のクライアント候補へリーチも済み、万全の体制でプロダクトをローンチ。

ところが結果は鳴かず飛ばず。さて、ここから何をやるかと言えば、また最初のステップであるインタビューへ戻って、どう改善すれば使ってくれるかの聞き込み。ステークホルダーの反応を見つつ、市場がポジティブな反応を示すまでフィードバックループを永遠と繰り返さなければなりません。

しかしこのループは市場自体に興味のない人にとったら苦痛以外の何物でもないわけです。結局Ben氏は、自分にとって興味のない市場に首を突っ込み続けることをやめて今に至ります。

この経験から、まず自分が積極的に立ち入りたいと思う市場を見つける重要性に気付いたそうです。Ben氏の意見を整理すると、市場を見つける→アイデアをブラッシュアップ→エクスキューション、という優先順位であることが伺えます。

今回のケースでは市場が最も高い優先度でしたが、他の起業家・投資家は各々に違うロジックを持っています。例えばTechstarsの創業者David Cohen氏へ取材した際は、「投資を検討する際、常に大事にしていることが3つある。1つ目はチーム、2つ目もチーム、そして3つ目もチームだ」と言っていました。

チームが崩壊しない限り、たとえ市場とアイデアが根本から変わろうが革新的なプロダクトをローンチすることができると信じていました。Ben氏は自身の経験から市場が大事という結論に至っていますが、Dave氏も同じように経験から市場とアイデアよりもチームがなにより大事という哲学に至ったのでしょう。

みなさんの起業家・投資家としての哲学はなんでしょうか。この記事が改めて自分の考えを見つめ直すきっかけになったら幸いです。

Via Viabilify

----------[AD]----------