Whatsappが次世代の情報発信のパブリッシャーのプラットフォームになるかもしれない

SHARE:

whatsapp

<ピックアップ>WhatsApp may be the next major platform for publishers – Business Insider

ユーザ数が7億人を超えた、世界で利用されているメッセージングアプリのWhatsapp。そんなWhatsappが、次の時代のニュース配信プラットフォームになるのでは、という考察です。記事内では、グラフなどでその成長を伝えています。

2014年のロイターレポートによると、スペインやブラジル、イタリアなどでは、ニュース配信のプラットフォームとして使われているとまとめています。これからますますくるモバイル時代において、メッセージングアプリで一斉に情報を配信することで、ユーザに直接ニュースを届けるといったことも可能性は大いにあります。

ニュースメディアがこうしたメッセージングアプリ内にアカウントを作成し届ける方法として日本ではLINE NEWSがあります。また、LINE内でアカウントを作成し、情報を発信するLINE@のメディア版ということがでてくれば、同様のことが起きてくるかもしれません。

パブリッシャーの次のプラットフォームをどこが握るのか、色々と注視していく必要があるかもしれません。

via BusinessInsider

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録