スタートアップの社長と幹部人材をマッチングする人材紹介サービス「Amateras Online」がリリース

by Junya Mori Junya Mori on 2015.4.20

アマテラス代表取締役藤岡清高氏
アマテラス代表取締役藤岡清高氏

スタートアップは常に人材が不足している。それが幹部人材であればなおさらだ。企業が大きく成長していくためには、その中核を担う人材が必要不可欠。だが、そうした人材は見つけることがなかなか難しい。スタートアップの社長たちは、FacebookやLinkedInで直接メッセージを送ってスカウトしている、なんて話も耳にする。

こうした課題を解決していくべく、本日、スタートアップと幹部候補人材をマッチングする「Amateras Online」がリリースした。

「Amateras Online」を運営するアマテラスの代表を務めている藤岡清高氏は、ドリームインキュベータで7年間ほどベンチャー支援をしていた経験を持つ。その際、経営者は自身で戦略をもっているため、常に人材を求めていることがわかったという。

藤岡氏「人材を欲しているベンチャーに、適切な人材をマッチングさせると、そのあとものすごい勢いで成長するということがわかりました。この後、2011年にドリームインキュベータから独立し、人材の事業を始めました」

独立後、順調に問い合わせがあり、藤岡氏のところに数々の転職相談が寄せられるようになった。その数はとても1人で捌ききれるものではなく、藤岡氏はIT化することでニーズに対応しようと考えた。

Amateras Online

こうした経緯から生まれた「Amateras Online」は、候補者と社長が直接コミュニケーションをとることができる場所となっている。スタートアップの社長にとっては、労力がかかってしまうことになるが、藤岡氏はこれに納得してくれる人しか登録していないという。

藤岡氏「候補者も社長も厳選して「Amateras Online」に登録してもらっています。厳選した人達同士であれば、ミスマッチも少なくなるだろうと。登録してもらうベンチャーは、成長可能性や事業の社会貢献度なども審査しています」

スタートアップは掲載料無料となっており、1人採用につき100万円の成功報酬制となっている。リリースのタイミングでは、ランサーズ、メリービズ、ShowcaseGigなど50社が登録している。その他にも、本誌で取り上げたことがあるスタートアップたちが登録されている

藤岡氏「「Amateras Online」を利用する対象となる企業はシリーズAが終わったあたりの社員10人前後のスタートアップと、上場直後のタイミングのスタートアップです。その2つのタイミングに相談がくることが一番多いですね」

スタートアップはステージが上がるたびに新たに人が必要になる。会社の中核を担う人材を探しているスタートアップは、「Amateras Online」をチェックしてみてはいかがだろうか?藤岡氏の人柄が気になるという方は、アマテラスのサイトから起業家との対談記事をチェックしてみるといいだろう

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------