スケジュール調整ツール「Cu-hacker」がオンライン秘書サービス「キャスタービズ」と連携

SHARE:

cu-hacker

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」などビジネスシーンに特化したツールを提供するジェネストリームと、オンライン秘書サービス「キャスタービズ」を提供するCasterが協業することを発表した。

今回の協業に伴い、「キャスタービズ」に登録しているオンラインワーカーの公式調整業務ツールとして「Cu-hacker」の提供が本日より開始されている。「キャスタービズ」のユーザがオンラインワーカーに人とのスケジュール調整を依頼した場合、依頼者の許可を取った上で調整時に「Cu-hacker」を利用する。

Caster biz

Caster代表取締役の中川祥太氏によると、アシスタントが行うスケジュール調整業務の効率化が進めばクライアントの支払いも少なくなり、すべてのステークホルダーにとってメリットがあるという。

ジェネストリームは、Casterに所属するオンラインワーカーに利用してもらうことで、利用状況やサービスを使ってみてのフィードバックを分析し、「Cu-hacker」の機能改善を加速していく狙い。

ジェネストリームは、今後もクラウドソーシングを展開している事業者との積極的な協業を行っていく方針だ。ジェネストリーは「Cu-hacker」の他にも先日、アポの日程予約と顧客管理を一体化するカレンダー「Reserve-hacker」もリリースしている

----------[AD]----------