今夏サンフランシスコに、新しい3D音楽体験を可能にするスペース登場

SHARE:

20150426_ebvelop

3Dサウンドシステム「ENVELOP」を導入して、サンフランシスコにクリエイティブな空間を設立するプロジェクトがKickStaterで進行中だ。

「ENVELOP」は、オープンソースのソフトウェアキットを用いて作られた28.4チャンネルの3Dサウンドを上、下、前、後ろで、3次元で聴き感じとれる音楽を提供することができる。

20150426_ebvelop2

オープンソースのソフトウェアで3Dコントロールする楽曲を作成し「ENVELOP」のプラットフォームで音楽を提供することができる。

この新しいサウンドシステムを導入した空間は、サンフランシスコのドッグパッチエリアに2015年夏にオープンすることが決定している。ドッグパッチエリアには大規模なナイトクラブ、カフェ・ラウンジ、アーティストのスタジオ、アートギャラリー、クッキングスタジオ等が入る。

「ENVELOP」のシステムが導入されるスペースでは、今後、3Dの楽曲を提供する音楽イベントの開催、3D音楽を教育する目的のワークショップやハッカソンの実施、アーティストのためのスタジオ利用等に活用される予定だ。
25ドル(約3000円)以上の出資で、「ENVELOP」を用いた音楽イベントのチケット等が入手できる。

夏以降サンフランシスコに行く予定があれば、「ENVELOP」の新しい音楽体験を楽しんでくるのも良いかもしれない。

----------[AD]----------