写真共有のFlickr、パブリックドメインやCC0のライセンス設定が可能に。SpaceXの写真がCC0で利用できる

SHARE:

Space-x-flickr

<ピックアップ>Flickr now offers Public Domain and CC0 designations | Flickr Blog

写真共有サービスのFlickrが、写真や動画に設定するライセンス設定で、著作権が発生しないパブリックドメインや、著作権者が利益を放棄してパブリックドメインに置くことに同意たライセンスであるCC0を新しく選択できるようにしたと3月30日に発表しました。

これまでFlickrでは、著作権を保有するAll Right Reservedだけでなく非営利利用や改変禁止などといった6つのライセンスを著作権者が自由に設定するCC(クリエティブ・コモンズ)ライセンスを2004年から設定できました。

今回の発表によって、より著作権者のさまざまな考えを自由にデザインする仕組みとなっています。

ライセンスの設定は、Flickr内の「License」の項目内に「Public Domain Work」や「Public Domail Decication(CC0)」が追加され、選択できるようになっています。

今回の変更で、さっそく写真にCC0を導入したのが、先日Flickrに写真をCCライセンスで投稿したSpaceX100枚上の美しい宇宙ロケットの画像が、誰でも自由に利用することができます。

こういうメディアの使い方などのうまさも感じさせます。今後、さまざまな写真が、CC0やパブリックドメインとして利用されるようになってくるでしょう。

16511407538_6ff774cc3f_z

via Flickr blog

----------[AD]----------