遺伝子型ダイエット・ソリューション「Genoplan」、韓国のクラウドファンディングで目標額を最短で達成

SHARE:

genoplan_featuredimage

今年1月、世界的な情報分析企業ニールセンが発表した「健康とウェルネスに関する世界のトレンド」によると、韓国人の5人に3人が「自分は太っている」と答えたそうだ。また、全世界の消費者のうち、50%がダイエット中であることがわかった。 この数字から、ダイエットは現代人において終わりなき課題といっても過言ではないようだ。

ところで、最近の遺伝子研究を通じて、オーダーメイドのダイエット・ソリューションを提供する国内スタートアップが登場し、多くの関心を引きつけている。ヘルスケアスタートアップ「Genoplan」は、まさにそのリーダー的な存在だ。

「Genoplan」は、最近新しく開発した「Genoplan Fit Plus」の量産のため、韓国のクラウドファンディングサイト「Wadiz」で資金調達中だが、すでに100名あまりの支援者から支持を集め、早くも目標の金額に到達した。驚くことに、プロジェクト募集期間はまだ41日(3月20日時点)も残っている。

「Genoplan」が、クラウドファンディング参加者に提供する「Genoplan Fit Plus」はユーザの唾液をもとに遺伝子を分析した後、体重管理と関連した35項目(肥満度、新陳代謝、運動法、食習慣、栄養など)に対する総合ソリューションを提供するサービスだ。血液ではなくだ液、つまり唾だけで遺伝子分析をするという点で利用者への負担がない。

「Genoplan」は、世界最高峰の医療機器メーカーである Roche Diagnostics の最先端の装備を活用し、精度が高いサービスを提供する予定である。

「Genoplan」のカン・ビョンギュ(강병규)代表は以下のようにコメントした。

Genoplan Fit が提供する情報を通して、利用者は安い価格で体系的な体重管理ができる。これを通して、究極的には自身に合うライフスタイルをつくれるようになる。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】