スマホ向けモバイルバッテリーで発熱する電熱ウェア「HALOS Heated Jacket」

SHARE:

HALOS Heated Jacket

「再生可能なエネルギーの普及」をテーマに製品開発を行う日本のスタートアップ「HALOS(ハロス)」は、2015年秋の完成に向けて、モバイルバッテリーの電力を使って温める電熱ウェア「Heated Jacket」の開発を進めている。この「Heated Jacket」、現在、朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」での資金調達を展開中だ。

Heated Jacket」は、一見、スポーティで動きやすそうなジャケットだ。

HALOS Heated Jacket

両ポケットと背中に電熱線を搭載しており、スイッチをいれると発熱して身体を暖めることができる。

HALOS Heated Jacket

バイクのライダー向けの電熱ウェアは車載バッテリーと接続して発熱させるが、HALOSの「Heated Jacket」は、スマートフォン向けのモバイルバッテリーを使って発熱させる。

ジャケットの裏面を起毛させて内部の熱を逃しにくくしたり、身体の要所に電熱線を設置したりと、モバイルバッテリーの少ない電力でも効率よく温められるような工夫を行っているようだ。

HALOS Heated Jacket

利用する際は、ジャケットのケーブルとモバイルバッテリーを接続し、胸のスイッチをオンにする。

HALOS Heated Jacket

温度調節は高・中・低(約50℃、40℃、30℃)の三段階をスイッチで切り替えることができる。付属の6000mAのモバイルバッテリーを使って低温度で使用した場合は、約5時間の稼働が可能。ジャケットを温めながら、同時にスマートフォンの充電を行うことも可能だという。

同社は、以前からソーラーパネルを搭載したバッグの販売を行っている。このバッグを使って、太陽光でモバイルバッテリーを充電し、さらにそのモバイルバッテリーでジャケットを発熱させる、というサイクルが同社が提案するライフスタイルだという。

HALOS Heated Jacket

今回、クラウドファンディングでの目標金額は40万円だが、記事執筆時点すでに60万円以上を集めている。製品が完成した際の販売価格は、Heated Jacket 1着とモバイルバッテリー1つのセットで、57,800円を想定しているようだ。現在、A-portでは38,000円の出資でこのセットを手に入れることができる。配送は、2015年10月を予定しているとのことだ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録