ヒト・カネ・場所が整いはじめた、韓国のスタートアップシーンの今を探る

SHARE:
2015年5月、ソウルで正式にオープンするコワーキングスペース「Google Campus Seoul」
2015年5月、ソウルで正式にオープンするコワーキングスペース「Google Campus Seoul」

近年、韓国では、政府、大手企業、ベンチャーキャピタル、インキュベーターらのサポートのもと、起業家が増え、スタートアップ企業が次々と誕生し、スタートアップのエコシステム(生態系)が形成されつつあります。

とりわけ、韓国人起業家の台頭は、韓国のスタートアップコミュニティにとって大きな刺激となっています。化粧品に特化したオンラインショッピングサイトを運営する「MEMEBOX」の共同創設者で、最高経営責任者を務めるハ・ヒョンソク(Hyungseok Dino Ha)氏もその一人。

2012年2月にMEMEBOXを創業して以来、ソウル・サンフランシスコ・上海の3都市にオフィスを構え、グローバル規模で事業を展開してきました。ハ・ヒョンソク氏は、自らの起業経験をふまえ、韓国のスタートアップ市場について、次のような見解を示しています。

MEMEBOXの共同創設者でCEOのハ・ヒョンソク氏
MEMEBOXの共同創設者でCEOのハ・ヒョンソク氏

「私は、韓国のスタートアップ市場を楽観的にみています。政府はスタートアップ企業を積極的に支援していますし、韓国には、優秀な人材が多くいます。また、ITC(情報通信技術)の発展により、高速の情報通信インフラが比較的安価なのも、利点だと思います。」

起業家やスタートアップ企業を資金面からサポートする動きも、より多様化してきました。「未来グローバルセンター(Born2Global)」をはじめとする韓国政府の起業支援プログラムのほか、2015年2月には、シリコンバレーの「500 Startups」が、韓国のモバイル系スタートアップを対象とする投資ファンド「500 Kimchi」を創設するなど、海外のエンジェル投資家やベンチャーキャピタルも進出。また、「Mashup Angels」や「K Cube Ventures」といった韓国発のベンチャーキャピタルも誕生し、スタートアップ企業の支援に取り組んでいます。

K Cube Venturesの創業者であるイム・ジフン(Jimmy-Jihoon Rim)氏は、韓国の起業家に対して、次のようなアドバイスを送っています。

K Cube Venturesの創業者でCEOのイム・ジフン氏
K Cube Venturesの創業者でCEOのイム・ジフン氏

「世界中の起業家がシリコンバレーに注目していますが、その分、競争が激しいのも事実。一方で、韓国には、まだ、ビジネス機会や市場が多くあります。国外にばかり目を向けるのではなく、韓国内で起業するという選択肢も、十分に検討する価値があるでしょう。」

また、最近、起業家やスタートアップ企業のためのリアルな場として話題になっているのが、Googleが運営するコワーキングスペース「Google Campus Seoul」です。2015年5月の正式オープンに先立ち、2015年4月16日には、テック系メディア「Techcrunch」との共同イベント「Meetup + Pitch-off: Seoul 2015」をソウルで開催。1000人以上が集まり、会場は大いに盛り上がりました。

Meetup + Pitch-off: Seoul 2015の会場の様子。ビールなどの飲み物を片手に、カジュアルなネットワーキングが行われていた
Meetup + Pitch-off: Seoul 2015の会場の様子。ビールなどの飲み物を片手に、カジュアルなネットワーキングが行われていた

Google Campus Seoulの代表を務めるイム・ジョンミン(Jeffrey Lim)氏は、リアルな場が果たすべき役割について、次のように述べています。

「韓国にスタートアップのためのエコシステムを根付かせるためには、互いに助け合い、支え合い、人と人とがどんどんつながっていくことが不可欠。Google Campus Seoulでは、コワーキングスペースやカフェ、イベントスペースといったリアルな場を通じて、フェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションしたり、同じ時間や空間を共有できる環境を提供したいと考えています。」

2015年3月、Google Campus Seoulの代表に就任したイム・ジョンミン氏
2015年3月、Google Campus Seoulの代表に就任したイム・ジョンミン氏

このようにスタートアップ企業のための“ヒト・カネ・場所”が徐々に整いはじめた韓国。今後は、「資産や環境をどのように活かし、事業の創出や成長につなげていくのか」が、より重要なポイントとなっていきそうです。

----------[AD]----------