MIT発の「LiquidGlide」で、ケチャップもマヨネーズもきれいさっぱり容器の中身を使い切れる?

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> Incredible new invention has solved a universally annoying problem

歯磨き粉、マヨネーズ、ケチャップ、乳液、ボンド。一見、なんの関連性もなさそうな商品ですが、共通点があります。それは、中身を最後の最後まできれいに使い切ることが難しいということ。

2009年に実地されたある消費者レポートによると、ボトルローションの場合、最大で中身の4分の1が入った状態で捨ててしまったり、洗剤は16%などムダが多いことが指摘されています。そんな無駄を排除して、あらゆる液状のものを最後まで使い切れるようにしてくれるのが「LiquidGlide」です。

2006年にMITで誕生したLiquidGlideは、容器と液状の中身とのあいだに薄いレイヤーを作ることで機能します。液体の成分によってLiquidGuideを構成する成分は異なるものの、原材料は食用植物などだそう。

現在では会社化され、消費者向け製品を開発するメーカーによる導入が進められています。これでもう、使い残しの気持ち悪いさに永遠にお別れできるかも。ケチャップならこんな感じ。

via. Business Insider

----------[AD]----------