Warby Parkerのファウンダーなど、成功した起業家が20代で学んだ最も重要なレッスン

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> 15 successful entrepreneurs share the most important lesson they learned in their 20s

20代は、誰にとっても模索の時。自分は何者なのか。自分の人生で何を成し遂げるべきなのか。その課程で失敗を避けて通ることはできないし、賢い人はむしろ失敗をバネにして大きく成長していく。

アイウェアブランド「Warby Parker」の2人の共同ファウンダーが、20代で学んだ最も大切なこと。

「どんなことも、最善を尽くすこと。特にキャリアの初期の段階では。そのタスクが小さくても大きくても、常に突出することを目指すべきだ」

長らく人事として仕事をした後に、BMWなどをクライアントに持つ「Executive Image Consulting」を創業したSylvie di Giustoさん。20代は、大企業の中で夜も週末もひたすら働いていたそう。

「汗、議論、痛み、勤勉、忍耐、そして多大な努力。これまでの私のキャリアを形容するのはこれらの言葉。素晴らしいキャリアには、決して近道はないということを学んだわ。ただ成功するなんてことは絶対にないから」

起業家で著者のBen Casnocha氏は、LinkedInのファウンダーであるReid Hoffman(リード・ホフマン)氏と近しいことで知られてる。彼が、Hoffman氏から学んだ最大のレッスンは、「人は、その人を取り囲む5人の人間の平均だ。誰と付き合うかが人が何者かを決める」というもの。

残りのレッスンは元記事でご覧ください。

via. Business Insider

----------[AD]----------