予約台帳のトレタがYahoo!予約 飲食店と連携、24時間のリアルタイム席予約に対応

SHARE:
Yahoo_予約_飲食店___トレタ連携特典
トレタとヤフーでは連携を記念してキャンペーンを開始する

予約台帳サービスのトレタは4月15日、ヤフーの提供するグルメ予約サービス「Yahoo!予約 飲食店(以下、Yahoo!予約)」と連携し、ウェブ上のリアルタイム予約の提供を開始すると発表した。

飲食店の予約をしたいユーザーはYahoo!予約で対応する店舗の24時間リアルタイム予約が可能になる。予約台帳「トレタ」との連携によって予約管理が自動化されているため、店舗側からの確認連絡を待たずに予約確定が出来るのが特徴。

本日時点での利用可能店舗は「俺のフレンチ・イタリアンAOYAMA」「Eggs ‘n Things」など18店舗で、順次拡大をしていくという。

toreta03

さて、このリアルタイムのテーブル(席)予約だが、使ったことがある人であればこの連携が目指す便利さはよく理解できるのではないだろうか。

ただ、このオンライン予約、予想以上に難しい。店舗側の対応が一様ではないからだ。

私も過去、別サービスでオンライン予約したことがあるのだが、該当店舗に行ったところ私の名前での予約がない、という事態に遭遇したことがある。不思議に思って、あるオンライン予約サービスからの予約ですが、と伝えたところ、ああと言って「別の紙台帳」を取り出してきたのだ。そこに私の名前があった。

toreta01
資料提供:トレタ/紙台帳でオンライン予約を実現しようとすると膨大な手間がかかる

つまり、店舗側は何かシステムでチェックしている場合もあれば、このようにオンラインで予約した内容を別の紙で管理していることもあるのだ。オペレーションがバラバラであればこういうミスも発生しやすい。

たまたまだが、私が遭遇した出来事はオンライン予約というサービスの複雑さをよく教えてくれた。

さらに言うと、現在のレストラン検索、電話予約で満足しているということもある。今はどちらかというとお店探しの方法にまだまだ改善の余地が残されており、現在の主な注目点はデータベース検索のぐるなび、口コミの食べログからオススメのRettyへの遷移だったりする。

しかし、そうだといってもこの席予約は未来があるのだ。

特に電話予約でできなかった24時間オンライン予約は魅力的だ。お昼に店舗がやってるお店ならまだしも、開店時間が夕方の店舗にはその時間まで待つ必要があった。

toreta02
資料提供:トレタ/自動化のイメージ

更に、店舗側の効率化も見逃せない。トレタについてはずっとお伝えしてきたが、同社代表取締役の中村仁氏が自ら経営してきた飲食店での不都合、不効率をなんとか改善したいという執念のようなものが詰まっているサービスなのだ。

利用できる店舗数はまだ18店舗とごく僅かだが、サービスの使い勝手次第で一気に広がる可能性は高い。中村氏に数あるレストラン検索の中でヤフーを連携先に選んだ理由を聞いた。

「ヤフーさんとは元々2012年の暮れからネット予約の課題についての議論をしていて、当時から『ネット予約は、裏側で予約の元台帳データときちんとリアルタイムで連携しないと本格普及は難しいのでは』という点で意見は一致していました。そこから紆余曲折はありましたが、最終的には双方で理想としていた形でのサービス連携が実現できたのではと思っています」(中村氏)。

私も以前、テーブル予約の話を中村氏とした時、この店舗オペレーションを改善しなければ無理という話は聞いていた。

「紙台帳の存在を前提にした従来型のネット予約サービスだと、裏側で管理の手間が膨大になってしまって、大量の予約を扱う人気店さんや繁盛店さんは永遠にネット予約に対応できないんですよね。一方で、エンドユーザーの立場からすると、そういう繁盛店や人気店に24時間365日スマホから予約したいというニーズが強いわけです」(中村氏)。

トレタは既に2600店舗を獲得しており、デイリーベースで約7,000件、40,000人の予約情報を処理している。ここに更にヤフーからの送客が受けられることになる、というわけだ。

「ヤフーさんはトレタの空席情報を全てリアルタイムで把握していますので、ヤフーさんでリアルタイムに空席検索ができてそのまま予約まで完了する(そしてそれが飲食店の予約台帳にも即座に反映される)ことになります」(中村氏)。

ヤフー側にしてみると食べログやぐるなび、新興のRettyといった強豪ぞろいのレストラン検索市場で、差別化を図りたい意図は十分にあるはずだ。飲食店舗側にアプローチするにしてもちょっと違った提案ができるようになる。

一方トレタの狙いを中村氏はこうコメントした。

「飲食業界にとって理想的な予約環境を作る上で、台帳を整備するだけでは不十分だというのは創業時からの考えでした。集客サイトと連携することで、お店にとってもお客様にとっても理想的なネット予約環境が実現でき、本格的なネット予約時代を実現できるものと考えております」(中村氏)。

情報開示:私の家族はトレタと契約関係にあります。

----------[AD]----------