フードデリバリー市場にUberが本格参入。ニューヨークとシカゴでUberEATSをスタート

SHARE:

uberEAT

Uberが、ニューヨークとシカゴでフードデリバリーサービス「UberEAT」をスタートさせると発表した。

実は、Uberとしてはフードデリバリーは初めてではなく、すでに2014年にロサンゼルスでUberFRESHという名前でフードデリバリーを行っていた。今回、サービスエリアの拡張とサービス自体のリブランディングを踏まえてのリリースだ。

UberEATSは、すでに持っているUberアプリ内のメニューからオーダーすることができる。フードを注文する人にとっても、いつでもどこでも気軽にフードを頼むことができ、フードをデリバリーするドライバーにとってもお金を稼ぐチャンスにもなる。

Uberの本格参入によってアメリカではすでにフードデリバリー市場は盛り上がりを見せている。Uberとしても、今後は加盟するレストランの連携を強化するために、Yelpなどのレストランポータルサイトとタッグを組んでくるのだろうか。

----------[AD]----------