採用プロセス「OnboardIQ」165万ドル調達、電子署名「Docusign」30億ドル評価などーーエンタープライズ系話題5選

SHARE:

編集部注:「要チェック!エンタープライズ系話題5選」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。

電子署名サービスDocusignが30億ドル評価で2.3億ドル調達

DocuSign_eSignature___Digital_Transaction_Management

電子署名や文書管理サービスを提供するDocusignがリリーズFで2.3億ドルを調達しました。今回の調達でDocusignの企業価値は30億ドル評価に達したと見られています。

Docusignは様々な書類に電子署名を付加することで文章の信頼性を担保するSaaSのツールを開発する2003年創業の老舗スタートアップ。サイトによるとSalesforce、Sony、Prudential、YAMAHAといった企業がDocusignのサービスを利用しています。

参考記事:DocuSign raises $233M at reported $3B valuation

クラウド営業管理ツールのPipedriveが600万ドル調達

Sales_CRM___Pipeline_Management_Software_-_Pipedrive

営業管理ツールをクラウドで提供するPipedriveがシリーズAで600万ドルを調達しました。Pipedriveは主に中小企業向けに、営業担当が抱える案件の進捗状況を直感的に管理・共有できるCRMを開発している米国とエストニアに拠点を持つスタートアップ。

今回の調達で累計1,340万ドルを調達したことになり、現在は77名の従業員を抱えているとのこと。中小企業向けCRMという領域ではZohoやSalesforceと競合しますが、Pipedriveの有料顧客は現在10,000社を超えているようです。

参考記事:Cloud-Based Sales Software Pipedrive Closes $9 Million Series A

統合的マーケティングプラットフォームのPercolateが4,000万ドルを調達

Complete_Content_and_Multi-Channel_Marketing_Software___Percolate

エンタープライズ向けの統合的なマーケティングプラットフォームを開発するPercolateがSequoia CapitalやLightspeed Venture PartnersなどからシリーズCで4,000万ドルを調達しました。

Percolateはデジタル、ソーシャル、マス等のメディアを横断したキャンペーン管理やエージェンシー、プロダクションといった外部パートナーとのコラボーレーション機能、コンテンツマーケティング管理機能、分析ダッシュボードといったブランドのマーケティング部隊が必要とする機能をSaaSで提供するニューヨークのスタートアップ。Unilever、Airbnb、Pinterestといった企業がサービスを利用しており、導入顧客数は昨年比200%で成長しているとのと。

参考記事:Marketing Startup Percolate Raises $40M More

アプリケーション高速化サービスのInstert Logicが4,300万ドル調達

Software-Defined_Application_Delivery___Content_Delivery_Network_Replacement_-_Instart_Logic

クラウドアプリケーションの高速化サービスを開発するInstert Logicが既存投資家のAndreessen Horowitzや Kleiner PerkinsなどからシリーズDで4,300万ドルを調達しました。

静的ファイルを配信する通常のCDNとは異なり、Instert Logicはアプリケーションの高速配信を行うことが可能で、具体的にはユーザーの利用に必要な必要最低限のアプリケーションを配信しつつ、バックエンドで残りの部分をDLさせるというアプリケーション分割の技術を活用しているとのことです。主なクライアントはThe Washington PostやストックフォトのShutterstockなど。

参考記事:Instart Logic Raises A $43M Expansion Round For Its Cloud Application Delivery Platform

採用プロセス自動化ツールのOnboardIQが165万ドル調達

OnboardIQ

採用プロセス管理のツールを開発するOnboardIQがSoftTechVCなどからシードラウンドで165万ドルを調達しました。フードデリバリーや交通等、オンデマンド系スタートアップのような大量のワーカーを確保する企業にとって、候補者の面接や合否判定のプロセス管理は非常に負荷の高い業務となります。

OnboardIQは面接担当者のスケジュールを読み取り自動で候補者に面接候補日を送ったり、Checkrのようなバックグランドチェックサービスに合格候補者の情報を自動で送信したりと、採用プロセスにおいて自動化できる部分を賄うことで採用担当者の負荷を下げるサービスを提供しています。現在はSittercity、Ship、Muncheryといった企業がユーザーとしてOnboardIQを利用しているとのことです。

参考記事:OnboardIQ Raises $1.65M To Streamline The Hiring Process